Close

Close

発達障害とは

LITALICOジュニア指導員インタビュー[5] 苦手はきっと好きに変えられる。その手助けをしたい。
2015.02.12
  • 環境

尾添望美 さん
(LITALICOジュニア石神井公園教室)

LITALICOジュニアの指導員になったきっかけ

LITALICOジュニアの指導員になったきっかけ

私は人とのコミュニケーションが苦手な、いわゆる根暗な子でした。そして、そういう自分がずっと嫌いでした。そんな私が社会人3年目で営業の部署に配属。しかし、人前でプレゼンテーションをしたり、様々な人と関わったりする業務を通じて、自分は人が大好きだということに気づきました。この経験から、もっと人と関わり、人を支えていく仕事がしたいと思い、LITALICOジュニアの指導員になりました。

私が苦手なことを好きなことに変えられたように、何かに苦手意識を持っているお子さまも、自分自身の新しい可能性に気づいて欲しい。私はその手助けをしたいです。

指導で心がけていることはあるでしょうか?

小さな積み重ねをたくさんすることです。
話すことが苦手なお子さまに「お・は・よ・う」と話しかることを1年ほど続けていたら、そのお子さまが、最近、私のところに走ってきて自分から「お・は・よ・う」と言ってくれました。そのときは、涙が出そうなくらい嬉しかったです。

時間はかかっても、できないことができることに確実に変わっていく。こういった小さな積み重ねが、新しい可能性に気づくきっかけにつながります。お子さまへの指導は、試行錯誤の連続ですが、苦手なことに得意なことを結びつけた指導に特に力を入れて、毎日奮闘しています。

尾添望美 さん
LITALICOジュニア石神井公園教室

環境の最新ニュースコラム

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

個別相談・見学・体験授業の
申し込みはこちらから

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

資料請求&体験授業
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ