Close

Close

保護者さま向けサービス

新学期 「子どものできることを増やす」方法とは?
2017.03.30

ご家庭でのサポートは“今”が重要

ご家庭でのサポートは“今”が重要

この時期は、いつも以上にご家庭でお子さまと過ごす時間が増えている方も多いと思います。
4月からは新学期が始まり、お子さまにとって大きな環境の変化が待っています。
クラスメイトや先生、教室などの変化により、疲れやストレスを感じやすく、
普段はできていることなのにできない・・・ということも増えてきやすい時期です。

そのため、ご家庭でのサポートは“今”が特に重要です。
LITALICOジュニアのペアレントトレーニングでは、お子さまが安心して新しい環境にチャレンジできるように、ご家庭での関わりをサポートしています。

ペアレントトレーニングで学ぶ関わり方とは?

例えば、朝の着替えや準備がゆっくりで、時間がかかってしまう時は、ペアレントトレーニングで学ぶ関わり方が有効です。
朝は特に時間の余裕がなく、ついイライラして声を荒げてしまいます。
「いつまでダラダラしてるの!」「早く着替えなさい!」「早く食べなさい!」と言ってしまいがちです。
そういう時に「自分で起きられたね!えらいね!」「早着替え競争だよ!よ~いドン!」「こちょこちょするよ~」などとお子さまにとって楽しい関わりに変えてみたり、
自分で起きるなんて当然だと思われるかもしれませんが、できている行動をしっかり褒めてあげると、次の行動を促しやすくなります。
そうすることで、お子さまの中に「じゃあ次もやってみよう」という気持ちが芽生えてきます。

このようにペアレントトレーニングでは、ご家庭での関わりの中で、お子さまの自己肯定感や自尊心を育み、小さな成功体験を重ね、できることを増やす方法を学んでいきます。
お子さまが自信を持って新学期を過ごせるように、ご家庭での関わり方を見直していきましょう。

ペアレントトレーニンを受講した保護者さまの声

子どものできることが増えました!
毎日、朝から寝るまで怒ってばかりだった為、何か参考になることがあればと思い受講しました。
「スモールステップでできたら褒める」を繰り返したところ、子どもが自分で「すごーい!!」と言うことが多くなり、少しずつですが要求を口に出して親と交渉してみたり、イヤなこともご褒美がもらえれば、少しの時間だけ我慢できるようになってきました。
小学校の就学に向けての話も他の親御さんから聞けることができてとても参考になり、受講して良かったなと思っています。

子どもの問題行動が減りました!
受講した当時は、「ものを投げる」「口に入れたものを吐き出す」など生活の中で問題が多く、育児に疲れ果てていたのですが、ペアレントトレーニングを受講してからは怒る、無視する以外に、事前にそれが起こらないように回避する方法やなぜそういった行動をするのかに注目することができるようになりました。
ピンポイントでなく全体を通して見ることができるようになりました。
今では物を投げることも、口から吐き出すことも、ほぼゼロになっています。
また、一番の問題としてあげてはいなかったのですが、ペアレントトレーニングを受講後、手をつないで歩けるようになったのも大きな変化でした。
親の褒め方次第で、子どもは大きく変わるものだなぁと実感しました。
受講の際に、他の方々の悩みを聴けたのも励みになるとともに、とても参考になりました。

怒りたくないのに、怒ってしまう・・・そんなことありませんか。
お子さまの笑顔が増えて、怒らない子育ての仕方とは。

LITALICOジュニアでは保護者さま向けのサービス「ペアレントトレーニング」というプログラムを提供しています。子育てのイライラを軽減し、自分もお子さまも楽しくできるヒントがたくさん詰まっている考え方を学ぶプログラムです。

保護者さま向けプログラム
ペアレントトレーニングの詳しい内容はこちらをご覧ください

ペアレントトレーニングの
お問い合わせ・お申込みはこちらから

Webフォームまたは各教室にお電話にてお問い合わせください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ