Close

Close

メルマガバックナンバー

LeafMagazine vol.13
2016.7.1

(この内容は2016年4月28日配信メールマガジン「Leafマガジン」のバックナンバーになります。)

インクルーシブ教育に関する最新の事例・情報をお伝えします

LeafMagazineをいつもご愛読いただきありがとうございます。新年度がはじまりましたね!今年度もインクルーシブな学級づくりや授業づくりのためのヒントをお送りできればと思います!よろしくお願い致します。

【連載】今日からできるインクルーシブ教育実践―Leafの実践共有―

2016年4月1日に障害者差別解消法が施行されました!障害のある子どもへの合理的配慮が義務付けられました。今回はLeafで活用している合理的配慮ハンドブックをご紹介します。合理的配慮ハンドブックはこちらから無料でダウンロードできます。

●合理的配慮とは?
以前もLeafMagazineでご紹介しましたが、「合理的配慮」とは、障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいいます。
出典:http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_000899.htm
言い換えると「障害のある人が感じているバリアに対して、工夫や配慮をすることです。また、障害者差別解消法においては、合理的配慮の否定は差別、つまり“必要な配慮であるにも関わらずはじめから否定するというのは差別」と明確に記載がなされています。

●合理的配慮の実施に向けて
合理的配慮を進めていくためには、対象となる子どもが、どのような時に困難さを感じ、その困難さに対しどのような配慮が必要かを関係者が話し合うことが大切です。

ステップ
1)本人や保護者・介助者から、必要な配慮に関する意思表明をすること、もしくは周りの人(学校の先生など)が必要な配慮を提案すること
2)学校と本人・保護者が話し合いをし、実施すべき配慮や実施可能な配慮について話し合うこと※個別の指導計画に記載することが望ましい
3)どんな場面でどんな配慮ができるか、お互いに合意したうえで実施すること
4)配慮を実施したあとも、定期的にその内容や程度について見直し・改善をすること

どんな場合も、本人を含めた関係者同士の「対話」が必要不可欠です。困っていることに対し、具体的な解決策を共に考え、合意をした上で進んでいきます。しかし、申し出た解決策が、金銭的な事情や人員的な事情で難しい場合もあるでしょう。その場合は、今できる解決策を一緒に考えることになります。

●スムーズに進めるために
合理的配慮をスムーズに進めていくためには、保護者と学校が合理的配慮の概念について正しく理解することが必要です。冒頭でご紹介した合理的ハンドブックは保護者向けに作成されているため、ぜひ保護者にお渡しいただき、共に理解を進めていただけると、よりスムーズに進められるでしょう。また、合理的配慮ハンドブックの一番うしろのページにはこの合意形成を一緒にしていくためのシートが記載されています。こちらをぜひご活用いただき、現在学びにアクセスすることができていない子どもにその子に合った工夫をとどけましょう!また、本ハンドブックは保護者向けに作成されていますが、多くの学校から「教員研修のために使っても良いか」とお問い合わせをいただいています。ぜひご活用ください。

【研修のご案内】インクルーシブ教育初級者&中級者養成研修のご案内

昨年度もご好評いただいたインクルーシブ教育に関する研修を今年度も実施致します!インクルーシブ教育を具体的に実践していく上で必要になる知識・スキルをお伝えします。また、Leafのプログラムもご紹介します。興味のある方はぜひご参加ください!

1.初級者養成研修
初級者養成研修では、教育・福祉分野に興味のある学生や教員を目指す学生、インクルーシブ教育を一から学びたい方に、インクルーシブ教育の基礎知識を講義とグループワークで習得します。

1day講座
【時 間】毎回14:00~16:00(2時間)
【定 員】30名
【受講料】1回:一般 3,240円(税込)
学生 1,080円(税込)
【日 程】
下記以外の日程も決まり次第、WEBページに掲載します。
※全て同じ内容になります。
2016年7/17(日)、8/27(土)、9/24(土)
2017年1/29(日)、2/19(日)

2.中級者養成研修
中級者研修では、子ども一人ひとりのニーズの分析の仕方やアプローチの仕方、特に多様な子どものいる集団の中で子どものニーズにどう対応するかを実践的に学びます。

5回連続講座
【時 間】毎回13:30~16:30(3時間)
全5回実施(1回ずつでも受講可能)
【定 員】各回 30名
【受講料】1回:5,400円(税込)
※5回分一括支払いにしていただくと、21,600円(税込)
となり、1回分お得です。

【日程とテーマ】
第1回 7/24(日)
ユニバーサルデザインの視点を取り入れた教育とは?
第2回 9/11(日)
行動面に困難さのある子どもへの支援
第3回 10/30(日)
学習面に困難さのある子どもへの支援
第4回 12/11(日)
情緒面・心理面に困難さのある子どもへの支援
第5回 1/15(日)
インクルーシブ教育に向けたアクションプランを作ろう

二日間集中講座
2日間で上記の全5回分と同内容の研修を実施
【定 員】30名
【受講料】2日間 21,600円(税込)
【日 程】8/18(木)、 8/19(金)
【時 間】両日10:00~16:00(12:00~13:00休憩)

(この内容は2016年4月28日配信メールマガジン「Leafマガジン」のバックナンバーになります。)

LeafMagazine(メルマガ)会員募集中

<インクルーシブ教育について、ご興味のあるみなさまへ>
・発達の遅れが気になる子どもとその保護者への対応が知りたい保育士や先生
・学習でつまづいている子どもへの具体的な対応方法が知りたい先生
・多様性を大切にした学級づくり・授業づくりのヒントが知りたい先生
・指導の引き出しを増やしたい支援者

Leafでの実践・具体例の紹介と解説、最新の情報やイベント、研修などお役立ち情報を月1回~メールマガジンにて配信いたします。また会員登録された方のみが参加できるイベントもございますので、ぜひご登録ください。

 

 

まずはお気軽に
お問い合わせください。

関係機関向けのお問い合わせへ

ページトップへ