Close

Close

メルマガバックナンバー

インクルーシブ教育マガジン vol.24
2017.04.02

(この内容は2017年3月31日配信「インクルーシブ教育マガジン」のバックナンバーになります。)

昼間は暖かい日が増えてきましたね。年度末です。卒業式、終了式は終わりましたか?
今月もインクルーシブ教育に関する情報をお届けします!

インクルーシブ教育マガジン 2016年度 総集編

この1年を通して、今日からできるインクルーシブ教育実践についてご紹介してきました。実践してみた方はいらっしゃいますか?
この一年間本メルマガでお伝えしてきたポイントを使いながら、「一年の振り返り」をしたいと思います。
お時間ある方はぜひこの機会にご自身の実践を振り返ってみてください。

1.ちがいを大切にした学級づくり

インクルーシブ教育を実践していく上で大切なのは、障害の有無関わらず、人はそれぞれ違うということが当たり前である学級文化を作っていくことです。この1年間、みなさんの学級、もしくはみなさんが所属している組織はいかがでしたか。例えば、学び方のちがいや、感情のちがい、好きなこと・嫌いなこと、得意なこと・苦手なことのちがい、考え方のちがい、家庭環境のちがいなど…
メルマガではVol. 14 で「自分をしろうワーク」「自分の取り扱い説明書」を紹介しました。
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol14/

2.合理的配慮

今年度の4月から新しい法律「障害者差別解消法」が施行されました。障害を理由とした差別を禁止すること、必要に応じて合理的配慮を提供することが義務付けられました。
障害のある方が感じているバリアに対して、必要な工夫や配慮をおこなっていくことが合理的配慮。双方にとって「合理的」であるために、ご本人・保護者、関係者で「どんな時にどのような工夫・配慮が必要か?」を話し合い合意形成することがポイントです。今年度、実際にこのような話し合いの場を持ってみた方はいらっしゃいますか?
Vol. 13で合理的配慮について詳しく説明しているので、ぜひ復習をしてみてください!
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol13/

3.ユニバーサルデザインの視点での学級・授業づくり

その集団に合わせて学級や授業を「デザイン」していくユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業づくり・学級づくり。それぞれのちがいを前提とした学級づくり・授業づくりはこの1年間どのように工夫されましたか?
Vol 15~17においてユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業・学級について紹介をしています!
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol15/
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol16/
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol17/

4.全ての子どもが学びにアクセスできているか?

インクルーシブ教育を実践していくことは、全ての子どもが学びにアクセスできている状況をつくること。みなさんの学級ではいかがでしたか。
そのためには、分からない時に「教えて」と言いやすい工夫をすることが大切です。
Vol. 18・19
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol18/
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol19/

5.学校全体で「インクルーシブ」に取り組む

学級の中で良い実践ができることはとても大切ですが、一方で、その実践が1年で終了してしまうことはとてももったいないことです。そのため、理想的には学校全体でインクルーシブ教育に取り組むことがとても大切になります。
Vol.21 では学校全体でインクルーシブ教育に取り組むための方法をお伝えしました。
https://junior.litalico.jp/partner/inclusive-education/magazine/vol21/

いかがでしたでしょうか。この1年間で取り組んでみた実践はありましたか。
この2年間インクルーシブ教育に関する情報をお届けしてまいりました。
来年度も引き続き、みなさまにとって有益な情報をお届けできるように頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します!

こういうトピックを取り上げてほしい!というリクエストがありましたら、ぜひ renkei@litalico.co.jp までご連絡ください。

(この内容は2017年3月31日配信「インクルーシブ教育マガジン」のバックナンバーになります。)

インクルーシブマガジン(メルマガ)会員募集中

<インクルーシブ教育について、ご興味のあるみなさまへ>
・発達の遅れが気になる子どもとその保護者への対応が知りたい保育士や先生
・学習でつまづいている子どもへの具体的な対応方法が知りたい先生
・多様性を大切にした学級づくり・授業づくりのヒントが知りたい先生
・指導の引き出しを増やしたい支援者

LITALICOジュニアでの実践・具体例の紹介と解説、最新の情報やイベント、研修などお役立ち情報を月1回~メールマガジンにて配信いたします。また会員登録された方のみが参加できるイベントもございますので、ぜひご登録ください。

まずはお気軽に
お問い合わせください。

関係機関向けのお問い合わせへ

ページトップへ