Close

Close

そのひとりに合わせた教育

発達障害かも?と思ったら

平成16年12月10日に公布された「発達障害者支援法」により、行政などの福祉サービスを受けることができます。福祉サービスには、育児相談から専門的な相談や支援まで様々なサービスがあり、ここでは代表的な専門機関をご紹介します。
LITALICOジュニアでも無料相談をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

心理検査のご紹介

LITALICOジュニアでは心理検査(一般的な知能検査または発達検査)をおこなっています。
全体的な発達水準を把握し、お子さまの得意・不得意などのバランスを客観的に見ることができ、結果からお子さまに適した関わり方などを具体的にご提案します。
対応できる検査の種類は、新版K式発達検査・WISC-Ⅳ・田中ビネー知能検査Ⅴです。
LITALICOジュニアを利用していない方も心理検査を受けることができます。

心理検査について

相談窓口のご紹介

・市町村保健センター
地域保健法に基づき、市区町村に設置される施設。高校生や成人に対する発達障害の相談も受け付けています。必要に応じて医療機関への紹介などおこないます。

・児童相談所
児童福祉法に基づき、都道府県および政令指定都市・中核市に設置されている施設。
業務には「児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じる。」という項目もあり、育成相談や心身障害相談もおこなっています。

・子育て支援センター
厚生労働省の通達「特別保育事業の実施について」に基づく施設で、地域自治体が実施しています。(民間委託含む)
育児不安などについての相談指導もおこなっており、電話相談も可能です。必要に応じて適切な機関の紹介をおこないます。

・発達障害者支援センター
発達障害者支援法に基づく施設で、都道府県・指定都市が実施しています。(民間委託含む)
発達障害児(者)とその家族、関係機関などからの相談を受付、家庭での療育方法についてのアドバイスや、必要に応じて福祉制度や医療機関の紹介などをおこないます。
児童相談所、知的障害者更生相談所、医療機関などと連携を図り、発達障害に特化した支援をおこなっています。

専門機関に相談する前にやっておくこと

専門機関に相談する際、子どもの過去~現在までの説明が必要になる場合があります。
相談する前に、生まれてからのこと、言葉を話し始めたときのことや、母子手帳に書かれている検診の内容、保育園・幼稚園・学校などからの報告をまとめておきましょう。

お子さまの発達にお悩みの方に

LITALICOジュニアはお子さま一人ひとりの得意や苦手を見つけそれぞれの特性に応じた指導をおこなう教室です。教室のご案内や子育てのお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。

LITALICOジュニアとは

その他の発達障害

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談・見学・体験授業の
お申込みはこちらから

資料請求&授業体験
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ