Close

Close

発達障害とは

LITALICOジュニア指導員インタビュー[2] 一緒に悩んだり、喜んだり、そういう関係ができていくことが一番楽しい!
2015.1.22
  • 環境
  • コミュニケーション

井戸友香子 さん
(LITALICOジュニア たまプラーザ教室)

LITALICOジュニアの指導員になったきっかけは?

LITALICOジュニアの指導員になったきっかけは?

LITALICOジュニアの指導員になる前は、東京都の施設で発達検査や発達相談の仕事をしていました。お子さまと保護者さまに1度きりしかお会いできず、支援方法などをそのときにお伝えするのみになってしまうことに、日々もどかしさを感じていました。もっと継続的にお子さまにと保護者さまに関わる中で、その成長を支えたいと思い、LITALICOジュニアの指導員になりました。

LITALICOジュニアの指導員になってよかったと感じるときは?

保護者さまとの信頼関係を築くことができたときです。はじめは交流の機会が少なかった保護者さまに、お子さまへの接し方について小さなアドバイスをさせていただいたことがありました。すると後日、その保護者さまが「先生が言ったようにやってみたら、家でもできた! このことを1番に井戸先生に報告したかったんです!」と報告しに来てくださったときは、私も一緒に大喜びしました。一緒に悩んだり、喜んだりして、信頼関係ができていくことが1番楽しいです。

指導で心がけていることは?

集団指導では、子ども同士の関係作りを大切にしています。そのために、皆でする遊びやそのルールなどを、子ども同士で決めてもらいます。自分のしたい遊びを提案することや相手の提案を受け入れること、折衷案を作ることなどを通して、相談や交渉のスキルを磨いてもらうことがねらいです。お子さまが周りの人たちと素敵な関係をつくっていけるように、これからもじっくりサポートしていきたいです。

井戸友香子 さん
LITALICOジュニア たまプラーザ教室

環境の最新ニュースコラム

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

個別相談・見学・体験授業の
申し込みはこちらから

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

資料請求&体験授業
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ