Close

Close

発達障害とは

LITALICOジュニア指導員インタビュー[4]  保育園とも連携! 子育て環境に積極的にアプローチする指導員とは……?
2015.2.5
  • 環境

LITALICOジュニア海老名教室の指導員、南里翔平 さんにインタビューをおこないました。

株式会社LITALICOが運営する「就労移行支援事業所LITALICOワークス」にて、学生時代にインターンをしていた南里さん。就労移行支援に関わる中でどのようなことを学び、今の指導にいかしているのでしょうか?

なぜLITALICOジュニアの指導員になることを選んだのでしょうか?

なぜLITALICOジュニアの指導員になることを選んだのでしょうか?

大人になってから働くこと以前に、子どものころの教育方法を工夫することで、大人になってから経験する新たな障害や苦労を少しでも減らす手助けをしたいと感じたからです。
インターンで就労移行支援に関わる中で、障害のある大人の方は、子どものころに経験した繰り返しの失敗体験から、後天的な障害を抱えてしまっている方が多いということを実感しました。LITALICOジュニア自体が、もともとこの問題意識から生まれた事業なので、この課題に十分に取り組んでいけると思っています。

指導の際に心がけていることは?

指導の際に心がけていることは?

「親子」をサポートすることです。保護者さまに安心して子育てをしていただくことで、お子さまも自信を持って成長することができると思っています。
保護者さまの子育ての不安をしっかりキャッチし、必要であれば子育て環境にもアプローチをします。例えば、先日は通塾生の通う保育園を訪問しました。保育園でのお子さまの様子を知るだけでなく、保育園の先生と直接お話をして、指導内容を共有しました。保育園の先生と課題を共有して連携することで、より効果的な指導ができると思ったからです。最初は「なぜ幼児教室の先生が保育園に……?」と少し不思議がられました。しかし、お話をする中で課題を共有することにご理解をいただけて、実際に連携したサポートをすることができました。
また、保育園訪問をした後、保護者さまと保育園の先生との信頼関係も強くなったことが何より嬉しかったです。
今後も、保護者さまが子育てをしやすい環境づくりや、お子さまの成長をより実感しやすいフィードバック方法に力を入れていくことで、お子さまの成長を一緒に支えていきたいです。

 

南里翔平 さん
LITALICOジュニア海老名教室

環境の最新ニュースコラム

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

個別相談・見学・体験授業の
申し込みはこちらから

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

資料請求&体験授業
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ