Close

Close

発達障害とは

療育手帳の意味と取得方法
2015.12.17
  • 療育
  • 環境

療育手帳とは、都道府県の知事が発行している知的障害者(および知的障害児)が補助を受けるために必要な手帳です。自閉症などの発達障害において、知的障害を伴う場合は療育手帳を取得することができます。ここでは療育手帳の取得方法や、取得によってどのようなメリットがあるのかなど、療育手帳のしくみについて解説します。

療育手帳のしくみ

療育手帳のしくみ

療育手帳とは知的障害のある本人またはその家族が申請し、都道府県知事から公布される手帳のことです。この手帳には都道府県が知的障害者(または知的障害児)に対して適切な指導・相談をおこなう目的と、本人が各種支援を受けやすくする目的とがあります。
知的障害とは、先天性または出生時のトラブルによって脳機能に何らかの障害が起こったために知的な発達が遅れている状態で、「他人とのコミュニケーションが取りづらい」「複雑な話や抽象的な言葉が苦手」「読み書きや計算が不得意」など、社会生活に困難が生じる障害です。知的障害は福祉用語であって法律による具体的な線引きがありません。そのため知的障害と認められる基準は、各都道府県によって異なります。知能指数をおおむね75以下としているところもあれば、70以下にしているところもあり、この基準を超える場合は原則として交付対象にはなりません。
手帳の交付を受ける場合、18歳以上の人は各都道府県に設置されている心身障害者福祉センター、18歳未満の人は各児童相談所で審査を受けましょう。障害者であると認められたあとに、各役所・役場の担当する課で手続きをした後に交付されます。

療育手帳をもらうメリット

療育手帳をもらうメリットとしては主に以下のようなものがあります。ただし、住んでいる場所や障害の程度によっては割引がない場合もあるので注意してください。

●税金の控除・減免
各都道府県に設置された心身障害者福祉センターもしくは精神保健指定医により障害者と認定された人は障害者控除を受けることができます。障害が重い場合は特別障害者となり、控除額も大きくなります。
・所得税や住民税の控除
・自動車税や自動車取得税の減免など

●各交通機関の割引
交通機関を利用する場合は障害者本人だけではなく、その介護の人(1名)も割引されます。
・バスやタクシーなどの割引
・JRや地下鉄などの鉄道運賃の割引
・飛行機や船舶の割引など

●公共料金の割引・減免
手続きをすることで各公共料金の割引または減免を受けられる可能性があります。
・NHK受信料の減免
・携帯電話料金の割引
・NTT電話番号案内が無料になるなど

●レジャーの割引・減免
療育手帳を提示することで下記のようなレジャー施設でも割引を受けることができます。同伴者も一緒に適用を受けられるところが多いようです。
・テーマパークなどの入場料が割引
・動物園や植物園などの入園料が割引または無料
・美術館や博物館などの入館料が割引または無料
・宿泊施設の割引
・映画料金の割引など

療育手帳を活用しよう

療育手帳は障害者本人またはその保護者の申請に基づいて交付されるもので、必ず取得しなければならないというものではありません。「支援は不要」「特別扱いされたくない」など、様々な理由で取得していない人もいます。しかし、認定を受ければ多くの場面で割引または減免を受けられます。減免した料金を医療費やソーシャルトレーニングなどの費用に補填すれば、経済的な負担も軽くなるはずです。補助の一環として療育手帳の申請をしてみてはいかがでしょうか。

療育の最新ニュースコラム

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

個別相談・見学・体験授業の
申し込みはこちらから

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

資料請求&体験授業
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ