Close

Close

そのひとりに合わせた教育

広汎性発達障害とは

広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorders = PDD)は、社会性やコミュニケーション能力などの発達遅滞を特徴とする発達障害の総称です。
自閉症、高機能自閉症・アスペルガー症候群の他にレット障害(女児のみに起こる進行性の神経疾患)、小児期崩壊性障害(精神発達の退行・言葉がなくなる「有意味語消失」が特徴的)などがあります。
また特定不能の広汎性発達障害(自閉的、軽症の広汎性発達障害)も含まれます。

広汎性発達障害の特徴

3つの特徴があげられます。
対人関係の障害(友達づきあいが苦手、他人と興味を共有できない)
言葉などのコミュニケーションの障害(言葉が覚えられない、会話が一問一答になってしまう)
こだわりや想像力の障害(感覚の過敏、鈍感な反応)

広汎性発達障害によく見られる行動リスト

  • 友人関係を上手に築けない、場に合った行動ができない

    友達のそばにいても1人で遊んでいる。仲のいい友達がいない。

  • コミュニケーションが苦手

    他人に気持ちを伝えるのが苦手。伝えらえないストレスからつい手を出してしまうことがある。

  • 自分だけのルールがあり、強いこだわりを見せる

    自分なりの手順や行動パターンではなくなると嫌がったり怒ったりする。偏食になりがち。

  • 特定のものへの感覚過敏(音)

    赤ちゃんの泣き声や電子音、雷の音など特定の音に耐えられない。

  • 特定のものへの感覚過敏(触)

    触られる感覚やまぶしい光を嫌う。衣服の素材が気に入らず、着られないことがある。

  • 感覚が鈍感

    怪我をしていても気が付かない。腐っているものでも平気で食べてしまう。

※リストは広汎性発達障害の子どもに一般的にみられる行動の一例です。

広汎性発達障害の子どもとの接し方

広汎性発達障害の子どもと接する時は次のような点に気を付ける必要があります。

  • 1予習を促す

    想像力が乏しいため、勉強や遊びのルールをすぐに理解することができません。
    常に予習をしてから物事を進めるよう心掛けましょう。

  • 2不安や緊張を和らげる

    不安感情をため込みやすいので、「緊張なんてしてないでしっかりしなさい!」と不安を否定するのではなく、「緊張しちゃうと思うけどがんばってね」と不安や緊張を共感してあげましょう。

  • 3気持ちを伝える

    他人の気持ちを想像することが困難なため、自分の気持ちを口に出して説明してあげましょう。

  • 4恐怖心を与えないように

    何事もチャレンジさせることは重要ですが、トラウマになりやすい傾向がありますので、無理やりなにかをさせたり恐怖心を与えたりすることはしないようにしましょう。

※リストは広汎性発達障害の子どもに一般的にみられる行動の一例です。

お子さまの発達にお悩みの方に

LITALICOジュニアはお子さま一人ひとりの得意や苦手を見つけそれぞれの特性に応じた指導をおこなう教室です。教室のご案内や子育てのお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。

LITALICOジュニアとは

広汎性発達障害の最新ニュースコラム

その他の発達障害

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談・見学・体験授業の
お申込みはこちらから

お問い合わせ(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ