Close

Close

そのひとりに合わせた教育

最後までやりきることができない

やりはじめたことを最後までやりきることができません。

小学生2年生の子どもがいます。集中力がなく、やりはじめたことを最後までやりきることができません。
自分からやりたいと言ってはじめても、途中で飽きてしまいます。

アドバイス

集中できる環境と具体的なスケジュールを設定できるように促しましょう。

原因・分析

お願いされたことを最後までやりきれないお子さまにとって、「最後まで」の意味が具体的に分かっていない場合があります。また、量や難易度が合っていないことも原因かもしれません。「最後まで」を理解するために、スケジュールを見えるように可視化したり、チェックリストなどを利用たりするなど、過程が見える工夫をします。

LITALICOジュニアの指導例
集中できる環境に整える

まずは集中できる環境を整えてあげます。気になりやすいものはお子さまから見えないように配置します。何を・どうやって・どのように・どれだけ・おわったらどうするか、やることスケジュールをはっきりとお子さま自身で設定するように促します。

こまめに褒める

お子さまができていることをこまめに褒め、モチベーションが維持できるようにします。褒めるだけではモチベーションが保てないお子さまには、スタンプカードなどを用意して、開始から完了まで細かいステップを設定し、できるごとにスタンプを押してあげます。スタンプが○個たまったら好きな活動をしてもいいというルールを設けることでモチベーションを維持できるようにします。

お子さまの成長事例

お願いしたことを最後までやりきれないお子さま。好きなことや相談して決めたことから取り組み、お子さまが達成感を得られる体験を積みました。徐々に家庭でも最後まで取り組めることが増えていきました。課題の範囲や理解が伴ってくると、「もっとやれる」「頑張ってみようかな」という気持ちが少しずつ芽生え、自発的に難易度やできる量を増やしていくことを目指す姿勢えが見られてきています。

LITALICOジュニアの授業を体験してみませんか?

教室の雰囲気や授業の進め方などを実際に体験できる体験授業をおこなっています。
事前にお子さまの様子をお聞きした上で、お子さまに合わせた授業を体験していただけます。

体験授業の流れ

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談・見学・体験授業の
お申込みはこちらから

資料請求&授業体験
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ