Close

Close

小学生以上のお子さま

小学6年生

中学に向けて自立した生活管理と基礎学力の定着をサポートします。

小学校生活最後の年なので、行事も多く、集団活動を初めから終わりまで、自分たちで計画だてて、実行、振り返りまで行うようになります。
この学年では、中学校生活での自律した生活管理を目指すために、「計画を立て、実行し、振り返りを行う」というサイクルを授業を通じて定着させていきます。
自分の意思も強くなるため、親や友だちと、意見が衝突した時に、自分の意見を相手に分かりやすく丁寧に伝えて、同意を得たり、相手の意見を冷静に受け止めたりする練習もしていきます。
学習においては、順序立てて、根気よく取り組むことで正答を得られるような、複雑な問題がほとんどのため、土台の基礎学力がないと、なかなか理解が定着しません。その際は、遡って、少し簡単な問題程度からスタートして、今のうちに基礎定着を図っていきましょう。

お子さまに合わせたプラン

お子さまは一人ひとりつまづくポイントや得意な学び方がことなります。
お子さまに合わせた方法でアプローチした事例をご紹介します。

Case1

勉強について

自主学習をまったくやらず、このまま中学生になるのが不安です。

指導事例

LITALICOジュニアの指導事例

まずは、自分で勉強をやらない理由を見つけます。学校の進度についていくことができていないため、どこから手をつけていいのか分からない、一人で勉強をする方法が分からない、家で勉強よりもやりたいことがある、自分の部屋の環境により学習に集中できない、など、人により様々なので、まずはそれに合わせて自分で勉強しやすい手立てを見つけ、練習をしていきます。

  • 学習コース
    <マンツーマン/隔週>

    自分に合った自主学習の順序や進め方を見つけ、定着するようにサポートします。分からないことは、指導員に聞いて理解度を高めていったり、分からないときの調べ方や対応方法を学んだりします。

    コース詳細を見る

  • 学習コース
    <集団/毎週>

    周りに人がいて、指導員が付きっきりではない環境でも、自分で勉強を進めていけるように練習し、ご家庭でも実践できるようにサポートしていきます。

    コース詳細を見る

Case2

生活態度について

反抗期になり、暴言や暴力に困っています

指導事例

LITALICOジュニアの指導事例

まずは、なぜ暴言暴力がでてしまっているのか、お子さま個人の理由と環境的な理由とそれぞれ観察し分析していきます。
暴言暴力という訴えや対応の仕方を、別の方法に変えていくことを、お子さまの気持ちを尊重しながら進めていきます。

  • ソーシャルスキルコース
    <マンツーマン/毎週>

    お子さまがとりかかりやすい授業内容からスタートします。教科学習のほうが通いやすい場合は、国語で作文などを通しながら、自分の考えや伝えたいことを整理していくことから始めます。次に、自分のストレスメーターを可視化して確認し、ストレスがあがりきる前に落ち着ける法を見つけたり、ストレスを感じたときに、ストレスの原因から回避する方法を見つけたりしていきます。同時に、暴言や暴力以外での伝え方を探し、練習をしていきます。暴言暴力の根底にはお子さま自身の自己肯定感の低さや自信がない場合もあります。自己肯定感を高めていくために、本人の好きなことや得意なことを授業の中で扱い、指導員や保護者に認めてもらう機会を多くつくりながら授業を進めます。

    コース詳細を見る

LITALICOジュニアの授業を体験してみませんか?

教室の雰囲気や授業の進め方などを実際に体験できる体験授業をおこなっています。
事前にお子さまの様子をお聞きした上で、お子さまに合わせた授業を体験していただけます。

体験授業の流れ

他の学年のプランを見る

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談・見学・体験授業の
お申込みはこちらから

資料請求&授業体験
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ