Close

Close
幼児(0~6歳)のお子さま

年長(6歳)の課題と指導事例

小学生まであと1年!
「できた」の積み重ねで、自律心や自信を育みます。

小学生までいよいよあと1年。この時期は、勉強を含め、学ぶことの楽しさや意欲が芽生え始めたり、お兄さんお姉さんとしてのふるまいをすることで、自律心や自信をつけるチャンスです。
勉強面でも、コミュニケーション面でも周りの期待が高まり、出される課題が難しくなるので、「できない経験」が増えやすく、意欲も低下しやすい時期です。「できて楽しい!」という経験を多く積める工夫しながら授業を進めます。
お子さまも不安や疲れが出ることがありますので、優先順位をつけて取り組んでいきます。

年長(6歳)の発達の目安

言語
・5W1Hが分かり、状況によって使える
・物の用途を説明する
・経験したことを感想も交えて話す
・クイズを出したり、答えたりする

身辺自立
・衣類をたたむ
・自分のかばんの中のものを、指示どおり、出し入れできる
・一人で食事の動作ができる

社会性
・複数の一斉指示に対して行動する
・活動の切り替えをする
・やっていいことと悪いことについて、判断し始める
・友だちと協力し始める

学習
・「合わせていくつ」「のこりはいくつ」を答える
・時刻を読む(1時間読み)
・自分の名前をプリントに書く
・「誰が何をした」を一文で書く

LITALICOジュニアでの課題別指導例

お子さまは一人ひとりつまづくポイントや得意な学び方がことなります。
お子さまに合わせた方法で指導プランをご提案しています。

課題1

集団活動が苦手

幼稚園で集団行動が苦手なので、来年小学校に入ったら時間割に沿った集団行動ができるか心配です。
ずっと座っていることが苦手なのも気になっています。

指導事例

LITALICOジュニアの指導事例

自分で自分の感情を理解し、対処方法を学びます。
自分の感情の理解や、イライラした気持ちとうまく付き合っていく方法、気持ちを切り替える方法を学びましょう。

  • 学習
    <個別/毎週>

    運筆のプログラムで鉛筆とプリントに慣れながら、ひらがなを書くことの練習や、10までの数の概念の理解など、国語と算数の基礎になる部分を学びます。

    詳細を見る

  • 小学校準備
    <集団/隔週>

    指導員から指示を受けたり、係を決めて役割分担を話し合うなどグループ活動の練習をします。「先生」と呼ぶことや、挙手をして「話してもいいですか?」など授業中に話したいことがあるときのふるまいについて学びます。

    詳細を見る

課題2

小学校の学習準備をしておきたい

小学校入学に向けて学習の準備がしたいのですが、子どもの学習意欲が低く困っています。

指導事例

LITALICOジュニアの指導事例

学習は今のお子さまの興味関心や、理解していることに合わせたところからスタートします。
無理に小学校で学習する内容に合わせていくのではなく、まずは、お子さまの「できた!」「楽しい!」を学習の中で作っていくことが、それ以降の学力に繋がっていきます。

  • 総合力アップ
    <個別/毎週>

    好きな絵本を使って、文字を読むことに親しんだり、内容を聞いて感想を言うことで、国語に必要な文章の理解を進めていきます。また、ブロックやプリントなどを使いながら、合わせるや減るという概念をゲームなどを通しながら理解していき、小学校になってからの足し算・引き算などの計算をおこなう際の概念を学びます。

    詳細を見る

  • ソーシャルスキルアップ
    <集団/隔週>

    マンツーマンで練習したことを、集団活動の中で実践し、小学校での集団授業に慣れていきます。

    詳細を見る

課題3

手先が不器用/文字が書けない

手先を使った細かい作業や、文字を書くことが苦手。
幼稚園・保育園で、のりやはさみ、テープなどの道具を使った複雑な工作も、思ったようにできない状態に、子どもが自信を失っているようです。

指導事例

LITALICOジュニアの指導事例

LITALICOジュニアでは、お子さまが複雑な課題に取り組む場合はスモールステップを推奨しています。
何が原因でできないのかを明らかにし、できるまでひとつずつ順にステップを積み重ねることで「できない」を少しずつ「できた」に変えていきます。

  • 小学校準備
    <個別/毎週>

    お子さまがたくさんの「できた!」喜びを感じ、意欲を向上させるために、ひとつの行動も細分化した課題にして、細かな成功体験を積み重ねます。例えばはさみの使い方。初めははさみの動かし方、次は紙の動かし方、直線で切る練習などスモールステップを作ることで、成功のしやすさ、達成感の醸成と同時に、はさみを使うスキルを獲得していきます。

    詳細を見る

  • 小学校準備
    <集団/隔週>

    マンツーマンで学んだことを集団で実践します。たとえば複数のお子さまでひとつの作品を作るように分担し、お子さまにはさみで切る役割を与えます。指導員は様子を見守りながら、必要な時にフォローをおこないます。授業の中ではさみの使い方を実践しながら、集団で役割を果たすことの楽しさも学ぶことができます。

    詳細を見る

ポイント

ただし、どんな切り方をしても失敗にはならないよう、それなりの形に作ることができ、その形を楽しめるような工作の課題を選ぶようにしましょう。
お子さまが課題に前向きに取り組み、楽しみながら上達していける環境を整えることが重要です。

まとめ

6歳(年長)は集団生活になじみ、集団の中での自分を意識し始める年頃です。
自立心が芽生え、周囲の物事に関心を示して積極的に関わっていこうとします。自意識が高まり、他の子どもと自分を比べることもし始めます。時にはできる / できないを通じて葛藤を感じることもありますが、それもまた成長を促進する大切な要素です。
そのような年頃だけに、言葉によるコミュニケーションの不自由や、手先や体が思うようにコントロールできないというもどかしさは本人にとって大きなストレスになるかもしれません。またそれが他の子に対する劣等感や苦手意識につながっても困ります。
お子さまの「できない」を「できる」に変えていけるようLITALICOジュニアはサポートします。

LITALICOジュニアの授業を体験してみませんか?

LITALICOジュニアでは、お子さまにあったやり方で
お子さまのお困りごとを解決できるようアプローチしています。
ぜひ一度体験してみませんか?

他の学年の年齢別課題と指導事例を見る

お近くの教室を探す

LITALICOジュニアの教室紹介です。教室見学や体験授業もおこなっていますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • LITALICOジュニアの授業を
    体験してみませんか?

    まずはお気軽にお問い合わせください。
    資料請求いただいた方には、
    デジタルパンフレットをお送りします。

    このページに関連する
    おすすめコンテンツ

    ページトップへ