Close

Close

LITALICOジュニアとは

専門性の高い教育プログラム

指導員の研修

指導員は定期的に研修を受けながら指導のスキルを高めています。行動理論に基づき、「なぜその行動をするのか」環境や過去の背景、直前の刺激などに分けて、お子さまの困難さの要因を分析し、最適なアプローチ方法を考えます。

先生の
提示の工夫
  • プリントや板書を色分け
  • イラストなどで示す
  • 問題を読み上げる
  • リズムをつけたりして示す
  • 寸劇や動画
  • アニメーションなどで動きをつけて示す
お子さまの
取り組み方の工夫
  • PC やタブレットを使って、調べたり文字をタイピングする
  • ゲームやロールプレイで体を動かしながら覚える
  • お子さまが自分で問題を作ってみる
お子さまの
表現の工夫
  • 文字での表現をしやすくする
    例)解答欄を色分けしたり形を変える
  • 文字以外で表現できるようにする
    例)3択クイズや絵カードなどで選択肢を作る

スーパーバイズ体制

指導の質を高めるため育成研修をパスしたトレーナー、さらにエリア単位にスーパーバイザーを配置し、授業のアドバイスや、指導員の育成に努めています。

  • 五十嵐 渓

    新入社員研修担当を経て、現在は3教室のトレーナー業務を担当

  • 榎本 大貴

    指導員を4年経験後、発達障害のある児童向け教材やサービスの企画、開発、研究に従事

  • 大川 真知子

    指導員を4年経験後、現在は8教室のスーパーバイザーとして活動

  • 篠田 真衣

    指導員経験後は人材育成に関わり、現在は関西エリアのスーパーバイザー

  • 永塚 健

    指導員を4年経験、トレーナーの経験を経た後、エリアのスーパーバイザーとして活動

  • 波多野 美穂子

    指導員・教室長を経験後、現在はエリアのスーパーバイザーとして活動

  • 松本 好

    指導員を2年経験後、現在は各教室を巡回しケース相談業務を担当

  • 室井 裕美子

    指導員の研修設計や実施に関わり、現在は指導員育成を中心に外部研修講師等を担当

  • 吉田 有里

    幼児教室・学習塾の指導員を経験後、現在は人材育成・研修を担当。

専門家によるプログラム監修

LITALICO ジュニアの教育プログラムや指導員の研修は発達障害児支援の専門家である井上雅彦教授(鳥取大学大学院)、田中康雄医師(北海道大学名誉教授)による監修をいただいています。また言語聴覚士や作業療法士による研修やプログラム開発も行っています。

  • 井上 雅彦

    鳥取大学大学院 医学系研究科臨床心理学講座 教授
    臨床心理士、専門行動療法士、自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)

  • 田中 康雄

    北海道大学 名誉教授
    児童精神科医
    『発達障害の子どもの心と行動がわかる本』監修

  • 高畑 脩平

    作業療法士
    白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師、奈良教育大学特別支援教育研究センター、研究員 奈良県障害者総合支援センター 著書『乳幼児期の感覚統合遊び』等

  • 井上(住友)いつか

    言語聴覚士(ST)

  • 濱田 文子

    カルフォルニア大学ロスアンゼルス校卒 心理学科行動分析専攻
    米国にて自閉症や知的障害者を対象にABAを取り入れたソーシャルスキルや生活スキル指導カリキュラムを監修

  • 野口 晃菜

    株式会社LITALICO 執行役員
    LITALICOジュニアにて指導員を経験後、スーパーバイザーとして研修制度の構築に関わる。現在は筑波大学大学院博士課程に在籍し、インクルーシブ教育の研究を進める

アセスメントツールと教材の紹介

自社の教材開発部門ではアセスメントツール・教材プログラムの開発をおこなっています。様々なお子さまの特性や興味にあったプログラムを選択できるようこれまで約1万点以上の教材を開発しています。

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

無料個別相談・見学・体験授業の
お申込みはこちらから

資料請求&授業体験
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ