Close

Close
LITALICOジュニアとは

知的障害とは

知的障害は、発達期(18歳まで)に生じ、概念的・社会的および実用的な領域における知的機能と適応機能の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力障害です。

知的障害の診断

知的障害は、全般的知能の障害と、日常の適応機能の障害によって特徴づけられます。
知的機能は、一般的には知能検査により評価されます。
診断基準は、平均から2標準偏差より低いこととされ、IQ得点では65~75を下回る場合を指します。
適応機能は3つの領域について評価されます。3つの領域とは、概念的領域(記憶・言語・読字書字・数学的思考・問題解決・新規場面での判断など)、社会的領域(対人的コミュニケーション・社会的な判断など)、および実用的領域(セルフケア、金銭管理、行動管理など)です。適応機能は臨床評価および標準化された評価尺度により評価され、少なくとも1つの領域での障害が著しく、適切な行動をとるために継続的な支援が必要である場合に診断基準を満たします。
また、知的障害の重症度は上記3つの領域の状態によって、軽度・中等度・重度・最重度の4段階で特定されます。

知的障害によく見られる行動リスト

  • 学習技能を身につけることが難しい

    学齢期の子どもや成人では、年齢相応に期待される読字・書字・算数などの学習技能の習得が難しく、支援が必要な場合が多くあります。

  • 柔軟に考え物事に対処することが難しい

    抽象的思考や実行機能、短期記憶の障害により、計画を立てたり、優先順位をつけることが難しく、問題の解決に固定化された方法でしか対処できないことがあります。

  • コミュニケーションが難しい

    言語的なコミュニケーションが難しかったり、仲間の意図を正確に理解することが難しい場合があります。

  • 行動のコントロールが難しい

    年齢に応じた方法で気持ちや自分の行動をコントロールすることが難しく、未熟であるようにみられる場合があります。

  • 食事や身支度など、身の回りのことの自立に時間がかかる

    同年代と比べて、複雑な日常生活上の課題には支援が必要であったり、自立するには長期的な支援が必要である場合があります。

※リストは行動の一例です。必ずしもすべてのお子さまに該当するとは限りません。

知的障害のあるお子さまとの接し方

  • 1本人の願いや思いを中心にサポートする

    年齢や障害の程度にかかわらず、本人の願いや思いを中心に置き、本人の幸せの実現をサポートしましょう。

  • 2わかりやすく伝える

    本人が自分で判断し行動するためには、その人にわかる方法でつたえることが大切です。短く簡単な言葉でゆっくりと伝える、写真や絵を合わせて使いイメージを共有するなどの工夫をしましょう。

  • 3生活に密着した内容を重視する

    抽象的な理解が難しく、経験した内容から理解することのほうが得意です。例えば実生活につながりやすいよう、より生活に密着した内容から学びのサポートをおこないましょう。

  • 4困った行動には予防的な対応を

    困った行動をとらなくて済むように、ルールや対処法をわかりやすく事前に伝えておくなどの予防的な対応をとりましょう。

※リストは接し方の一例です。必ずしもすべてのお子さまに該当するとは限りません。

※2013年に改訂されたアメリカ精神医学会の「DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル)」では、知的能力障害(知的発達症/知的発達障害)に診断名が変更されましたが、現在も知的障害という名称が世間一般的によく使われているため、本記事でも知的障害という名称を使用しています。

お子さまの発達にお悩みの方に

LITALICOジュニアはお子さま一人ひとりの得意や苦手を見つけ、それぞれの特性に応じた指導をおこなう教室です。発達障害児支援の専門家が監修する教育プログラムや1万点以上のオリジナル教材でお子さまに最適な指導を提供しています。お子さまの発達や学習について、まずはお気軽にご相談ください。

LITALICOジュニアとは

知的障害があるお子さまの成長の様子

成長の様子をもっと見る

知的障害の最新ニュースコラム

その他の発達障害

LITALICOジュニアの授業を
体験してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいた方には、
デジタルパンフレットをお送りします。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ