Close

Close
LITALICOジュニアとは

ダウン症候群とは

ダウン症は正式名称を「ダウン症候群」といいます。

通常、1番目から22番目の染色体まではペアになっていますが、ダウン症は21番目の染色体が1本多く3本あるために起こる生まれつきの疾患です。精子や卵子が作られるときに染色体の不分離が起こることが原因と考えられていますが、この不分離がどうして生じるのかはまだ明らかにはされていません。
人種関係なくすべての人に起こりうる現象であるといわれています。

ダウン症候群(ダウン症)の特徴

ダウン症の出生頻度は1,000人に約1人の割合です。日本では1年間に約1,100人生まれているといわれています。

ダウン症は心臓や呼吸器、目、耳、鼻など合併症を持つことが多い傾向にあります。平均寿命も短いとされていましたが、医学の進歩とともに治療や健康管理が充実し、平均寿命も延びてきています。

また、ダウン症児の発達は、運動、知能、ことば、社会性など全般においてゆっくりではありますが、一人ひとりのお子さまを理解しながら丁寧に対応をすることによって、お子さまの能力を引き出すことができます。最近では大学や専門学校で勉学に励む人も増えています。

ダウン症候群のあるお子さまによく見られる行動リスト

  • ことばに不明瞭さが見られる

    呼吸器系の合併症や口の筋肉の発達がゆっくりであることなどが影響しています。

  • 聴力が弱い場合がある

    後天的に難聴になることもあります。1~2歳になっても声掛けに反応しない、発声がすくないなどの様子が見られる際は検査を受ける必要があります。

  • ことばでのコミュニケーションが苦手

    耳からの情報を認知することが難しいため、相手の話を聞き取ることが苦手なお子さまもいます。

  • 精神的に緊張しやすい傾向がある

    新しい環境や慣れない環境に対して緊張しやすい傾向にあります。緊張感から吃音に繋がる可能性もあります。

  • 習得するまでに時間を要する場合がある

    着換えなど生活に必要な身辺自立のスキルは、手先の器用さも関係しているため、習得に時間がかかる場合がありますが、ゆっくりできるようになります。

※リストは行動の一例です。必ずしもすべてのお子さまに該当するとは限りません。

ダウン症候群(ダウン症)の子どもとの接し方

ダウン症候群(ダウン症)の子どもと接する時は次のような点に気を付ける必要があります。

  • 1分かりやすく伝える

    ことばの理解は苦手な傾向にありますが、視覚的な情報を捉えることは得意なことが多いといわれています。ことばだけでなく、身振りや絵、文字などを交えて話しかけると伝わりやすくなります。また、ことばで伝えるときは、ゆっくり・はっきりと話しかけることが大切です。

  • 2自信を持てるようにする

    お子さまの得意なことや可能性を見極め、できることを増やしていきましょう。小さなことでもお子さまの「できた!」に気づき、たくさん褒めてあげましょう。

  • 3適切なポイントでサポートをする

    身辺自立や学習や遊びなどに対して意欲や責任感をもって取り組んでいます。少し苦手なことに取り組む際は事前に「できる」工夫を施しておいたり、お子さまから手伝ってほしい要求が出るまで待ってみましょう。

※リストは接し方の一例です。必ずしもすべてのお子さまに有効であるとは限りません。

【参考資料】

*書籍
『ダウン症児のことばを育てる』池田由紀江、菅野敦/編著、福村出版/刊
『よくわかる障害児保育』尾崎康子、小林真、水内豊和、阿部美穂子/編著、ミネルヴァ書房/刊

監修者:LITALICO研究所 所長 博士(障害科学) 野口晃菜

お子さまの発達にお悩みの方に

LITALICOジュニアはお子さま一人ひとりの得意や苦手を見つけ、それぞれの特性に応じた指導をおこなう教室です。発達障害児支援の専門家が監修する教育プログラムや1万点以上のオリジナル教材でお子さまに最適な指導を提供しています。お子さまの発達や学習について、まずはお気軽にご相談ください。

LITALICOジュニアとは

ダウン症候群の最新ニュースコラム

その他の発達障害

LITALICOジュニアの授業を
体験してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいた方には、
デジタルパンフレットをお送りします。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ