Close
  • LINE

Close

入会までの流れ

体験授業

LITALICOジュニアでは、お子さまや保護者さまが安心して利用を開始できるように、入会前に体験授業を受けていただくことをおすすめしております。
パーソナルコースでは随時、体験授業を提供しております。
スタンダードコースでは15分程度の無料体験を実施しておりますが、ご利用の状況によりすぐにご案内できない場合がございますので、まずはWEBフォームより体験授業をお申込みいただき、連絡をお待ちください。

資料請求&体験授業

体験授業の流れ - 困りごとから組み立てるプログラム例

パーソナルコース

  • 事前
    ヒアリング
  • 体験授業
    (50分)
  • フィード
    バック
  • ミニペアトレ
    (20分)
  • プラン
    提案

スタンダードコース

  • 事前
    ヒアリング
  • 体験授業
    (15〜20分)
  • フィード
    バック
  • プラン
    提案
パーソナルコース

発語がほとんどない(2歳)

普段はジェスチャーや大人の腕を引っ張るコミュニケーションが多く、発語はたまに大人の真似をして「おいしい」と言う程度しかありません。入園までに少しでも言葉を増やしたいと思っています

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「単音や単語で要求を伝える」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • 好きなおもちゃを使って、遊びたいと思ったときに「先生の目を見る」「何か発声する」ことから練習します。

  • 20

    要求があるときに、相手の顔を見たり、発声することができたことを褒めて行動を増やします。

  • 「電車どっち?」などの質問に対して、正しい方を指差し、相手からの問いかけに対して反応できたことを褒めていきます。

  • 30

    園での活動を想定して「折り紙をビリビリして」など簡単な指示に従う練習をします。

  • 全体を通して、好きなもの・興味のある活動をおこないながら、アイコンタクトや指差し、発声があればその都度「◯◯できたね!」とポジティブな声掛けをおこない、意思表示することが良いことだと認識できるようにします。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

スタンダードコース

言葉の遅れが気になる(3歳)

3歳になるんですが、周りの子と比べるとまだまだ言葉が少なくて心配です。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「ことばを覚える」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 体験

  • 小物とカード教材を使って、物と名前を関連づけて覚えていきます。

  • 10

    ぬり絵の教材を使って、色や物の名前を覚えます。

  • 色の絵本を読みます。色を指差しながら発語を促します。

  • 歌と体を使い、体の名前を覚えます。

  • 20

    人形を使って、体の名前を復習します。

  • あいさつ

  • 30

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 50

    プラン提案・体験終了

スタンダードコース

集団での活動や遊びが苦手(4歳)

遊びに熱中しすぎて、活動を切り替えることが難しいです。言葉が少なく、思い通りにならないとかんしゃくを起こしてしまうことがあります。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「自分から発信する・指示を受け取る」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 体験

  • カードやおもちゃを使って、ほしいと思ったものを言葉で伝える練習をします。

  • 10

    要求があるときに、相手の顔を見たり、ものを渡すことができたことを褒めて行動を増やします。

  • 質問の理解応答、指示理解などの受信のスキルの練習をします。

  • 20

    名前を呼ばれたらまず返事をする、2つ以上の指示を聞いて行動する練習をします。

  • あいさつ

  • 30

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 50

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

一方的なコミュニケーションが多い(小学1年)

自分の好きなことに関しては親も止められないくらい一人で話し続けてしまいます。興味のないことだと、指示を聞いて行動したり、友だちや先生とコミュニケーションを取ったりすることが難しいです。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「質問や会話のレパートリーを増やす」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • 会話時に、あいづちをうったり、適切なコメントや質問をする練習をします。

  • 20

    質問されたことに対して、適切な発信をしたり相手の話を聞くことができたら、ポジティブな言葉がけをして行動を増やします。

  • 30

    短い話の中でポイントとなることを意識して聞き取る練習をします。例えばブロックが好きなお子さまの場合は、「●●をブロックで作ってみよう!」など、興味のあることを通して指示の聞き取りを学びます。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

切り替えが苦手(小学2年)

自分の思い通りにならないと毎回かんしゃくを起こします。初めてのことに対して警戒心が強くて、なかなか取り組めないこともあります。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「場面ごとに適切な行動を選択する」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • 指導員と「おねがいクイズ」をおこないます。お願いする言葉を使って、場面に合わせて分からないことや困ったことを指導員に質問する練習をします。

  • 20

    絵カードを使って、カードに書かれているものを紹介してもらいます。優先順位(①大きさ ②色 ③形 など)を決めて、相手の知りたい情報を伝える練習をします。

  • 30

    他者との話の流れにそって、会話のキャッチボールをする練習をします。

  • キャッチボールをする中で、自分の発言に対して相手がどう感じたか、言葉の受け取られ方を考えます。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

計算はできるけれど、文章題が苦手(小学3年)

計算はそれなりにできるんですが、文章題になると途端にわからなくなってしまうみたいです。家で親が教えるときは、わからないと泣いたり大きな声を出してしまうことがあります。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「図や物を使って数の関係を理解する」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • まず、100までの数の位を分けて表したり、大小を比べたりして、数・量の概念が獲得できているか確認します。

  • 20

    文章を読んで、足し算・引き算を区別し立式して計算する練習をします。文字だけで分かりづらい場合には、ブロックなど具体物を用いて考えてみます。

  • 30

    分からない問題がある時には「~~が分からないので教えて下さい」と具体的に助けを求めるなど、適切なヘルプの出し方についても身につけます。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

感情や行動のコントロールができない(小学6年)

学校がとにかくつまらない・行きたくないと言っていますが、その理由を説明してくれません。家ではテレビからお風呂・ごはんなどの切り替えができず、結局拗ねて部屋に閉じこもってしまいます……。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「気持ちの認知と発信の仕方」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • 自分の気持ちを伝える練習をします。気持ちメーターなどを使用し、視覚的に感情の起伏を発信でるようにします。お子さまがゲームに負ける場面をつくるなど、意図的に様々な気持ちを発信できるようにします。

  • 20

    困ったときに相手に助けを求める練習をします。困ったときに助けを求める際の台詞やアクションを視覚的に提示しておき、行動にうつしやすいようにします。

  • 30

    見たものや状況の説明をし、相手に伝える練習をします。複数の主語を使って分かりやすく説明するスキルを身につけます。(例:今日は学校で先生に~~って言われて、僕は〇〇って思ったけど言えなかったよ、など)

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

学習に困難さがある(中学1年)

作文や表現をすることが苦手です。自分の考えをうまく言葉にできないのか、学習について、やや諦めた発言があるのが気になっています。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「相手に分かるように説明する・
5W1Hの作文」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • いつ・どこで・だれが・何をしたの要素に沿って説明する・書くことの練習をします。イラストや写真を見ながら、まずは口頭で5W1Hを答える課題に取り組みます。

  • 20

    口頭で答えられるようになったら、それを文章にする練習をします。どういう順序で書くと伝わりやすいかなど、可視化しながら進めていきます。

  • 30

    更に、詳しい様子や自身の感想を付け加えた文にする練習をします。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

パーソナルコース

友だちとのコミュニケーションが苦手(中学2年)

友だちとのやりとりがなかなかうまくいかないようです。一方的に自分が興味のある話をし続けてしまうので、会話のキャッチボールができるようになってほしいと思っています。

※写真はイメージです

マンツーマンで体験

プログラム例

「自分の話の量や
タイミングについて理解する」

事前にお聞き取りした課題に合わせて
授業内容を設定します

  • START

    あいさつ

  • 今日の流れ

    今日の流れを最初にお子さまに説明することで見通しを共有します。

  • 10

    体験

  • 指導員が良い例(相手の話が聞けている)と悪い例(一方的に話す)をやって見せて、お子さまに「今のはどうだった?」と質問をします。客観的に見ることで、良いポイントと悪いポイントの理解を促します。

  • 20

    話を終わらせるタイミングについて、動画を見ながら学びます。その後に、自分が好きな話をするとき、どのタイミングで終わるのがよいか、また終わるときはどうするかを考えます。

  • 30

    実際にお子さまと指導員が話している様子を撮影し、振り返りをします。動画の中の自分に対して「一方的だった」「話を聞けていた」など評価をすることで、より理解を深めます。

  • 40

    保護者さまはモニターで授業の様子を見ることができます。
    お子さまの様子だけでなく、スタッフの声掛けや行動の促し方など、ご家庭でも取り入れられる工夫をリアルタイムで見られます。

  • 振り返り・あいさつ

  • 60

    ペアレントトレーニング

    LITALICOジュニアの指導方針である「ほめる関わり」のベースとなっている、ペアレントトレーニングの基礎に触れていただきます。また、ワークを通して、ご自宅で実践いただける、子育てのストレス軽減につながる関わり方のコツをお伝えします。

  • 80

    プラン提案・体験終了

オンラインでの授業提供について

コロナ禍を受け、LITALICOジュニアパーソナルコースでは、対面による授業のほかに、オンラインによる授業提供もおこなっております。詳しくは教室までお尋ねください。

体験授業に参加された方の声

楽しい授業と根拠ある指導案で、
うちの子もできるようになりそう!

体験授業で楽しく学ぶこと、子どもの好きなものを学びに繋げる指導をみて「あ~こうやればいいんだ!」とたくさんの気づきがありました。
また、授業後のフィードバックでは、「なぜ、子どもができたのか」「どんな方法で指示を出すと、できなかったのか」「今後どのように授業を進めていくと課題解決に繋がるのか」など、行動の理由と今後の課題克服までの見通しを教えてくれたので「これならうちの子もできるようになりそう!」と思いました!

子どもが自分から楽しく勉強できる方法や
自立学習のアドバイスももらえました。

「漢字を覚える為には、何回も書いて覚えるしかない」と思っていましたが、体験授業をみて久しぶりに子どもが楽しそうに勉強している姿を見ました。
テストの点をあげるだけでなく、子どもが自分から楽しく勉強できる方法や、ひとりで取り組める方法など自立学習のアドバイスももらえました。

子どもの意思を尊重し、
子ども自身に気づかせるプロの技!

私だったら怒鳴っていた場面でも、先生は子どもの意思を尊重してくれたり、子ども自身に気づきを与えるような声掛けをしてくれました。私にはできないプロの技だと思いました。
先生に褒めてくれたのがすごく嬉しかったようで、家に帰ってからも「頑張ったら、LITALICOジュニアの先生褒めてくれるよ~」と言うと、いつも時間のかかるお風呂に自分から向かうことができました。

子どもの特性を理解し、
環境の工夫のアドバイスもくれました!

子どもが、まったく約束を守れない事を相談すると「お子さまは視覚情報が得意なので、お約束カードを学校にも持っていき、いつも見える所においてください!」とアドバイスをもらいました。子どもに努力させるだけでなく、ちょっとした環境の工夫のアドバイスもくれました。
「LITALICOジュニアの卒業を目指しましょう!」と言われ、本当に子どもの事を真剣に考えてくれているんだと思いました。

得意を活かして苦手を克服する方法を
真剣に考えてくれました!

今まで、障害や診断名を受け入れることに抵抗があり、どこにも誰にも相談できませんでした。どこへ行っても「できていない事」を指摘されることが多かったのですが、「ここがすごいですね!」と、子どもの事をはじめて褒めてくれたのがLITALICOジュニアの先生でした。
できる事を更にのばしたり、子どもの得意を活かして苦手を克服したりする方法を一緒に考えてくれました。

よくある質問

子どもが授業についていけるか不安です。

一人ひとりのお子さまに合わせた指導プランを作成して指導をおこなっています。
課題を抱えたお子さまにも個別に向き合い、特性のあるお子さまや自閉症・ADHDなどの診断のあるお子さまにも無理なく通ってもらっています。
保護者さまにも指導の目的や方法を説明し、十分ご納得いただいた上で授業を進めていきます。

体験授業・教室見学は、いつできますか?

パーソナルコース(幼児教室・学習塾)では、平日・土日(休校日除く)に関わらず、随時体験授業を実施しております。ご希望をお聞きした上で日程を調整します。

スタンダードコース(児童発達支援・放課後等デイサービス)を提供している教室でも平日・土日に関わらず、見学・体験授業を実施しておりますが、ご利用状況によりすぐにご案内ができない場合がございます。
教室ごとに実施状況異なりますので、詳しくは、お問い合わせフォームもしくはLITALICOジュニアお問い合わせ窓口へお問い合わせください。

LITALICOジュニアお問い合わせ窓口

0120-974-763(平日10:00~17:00/祝日除く)

無料体験と有償体験はどのような違いがありますか?

パーソナルコース(幼児教室・学習塾)では随時、有償体験を実施しております。通常授業と同様の50分間お子さまに合わせた授業を実施する他、ペアレントトレーニング20分もおこないます。
無料体験については各教室までお問い合わせください。

スタンダードコース(児童発達支援・放課後等デイサービス)など福祉サービス対象教室では、15分程度の無料体験をご提供しておりますが、ご希望者様多数につき、すぐのご案内が致しかねる場合がございます。
教室ごとに実施状況異なりますので、詳しくは、お問い合わせフォームもしくはLITALICOジュニアお問い合わせ窓口へお問い合わせください。

LITALICOジュニアお問い合わせ窓口

0120-974-763(平日10:00~17:00/祝日除く)

体験授業をしたら、必ず入会しなくてはいけませんか?

そのようなことはありません。
教室の様子や授業の進め方などを体感し、ご検討ください。

LITALICOジュニアの授業を
体験してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいた方には、
デジタルパンフレットをお送りします。

このページに関連する
おすすめコンテンツ