Close

Close

保護者さま向けサービス

ペアレントトレーニングとは

ペアレントトレーニングとは、知的障害や自閉症などの子どもをもつご家族を対象にした、1960年台にアメリカで開発されたプログラムです。日本では、ご家族の日常生活の困り感を軽減するためのプログラムとして取り入れられ、独自に発展してきたものが多くあります。
現在では、発達障害のお子さまだけでなく、不登校や非行を繰り返すお子さまなどに対応したプログラムも開発されるなど広がりを見せています。

LITALICOジュニアのペアレントトレーニングは、お子さまのやる気を引き出し、保護者さまのストレス軽減に役立つ子育ての工夫を学ぶことができます。子育てをされている保護者の方や、お子さまとの関わり方のコツを学びたい方など、どなたでも受講可能です。

受講前〜受講後のイメージ

LITALICOジュニアのペアレントトレーニングの受講により、保護者さまとお子さまがそれぞれ良い変化をしています。

受講前 ある日の電車 もう!何回言ったらわかるの!電車でうるさくしないでよ!!受講中 電車の中で具体的にどんな風に過ごしたら良いかを伝えましょう。はじめはチャレンジのハードルも下げましょうね。受講後 電車に乗る前 2の声の大きさはこれくらいだよ。〇〇駅から△△駅まではお口を閉じてみよう!電車の中で 2の声で話せてるね!お口も閉じてたね◎ 電車ではこうやって乗ればいいんだ!ほめられて嬉しいからまた守ろう!受講前 ある日の電車 もう!何回言ったらわかるの!電車でうるさくしないでよ!!受講中 電車の中で具体的にどんな風に過ごしたら良いかを伝えましょう。はじめはチャレンジのハードルも下げましょうね。受講後 電車に乗る前 2の声の大きさはこれくらいだよ。〇〇駅から△△駅まではお口を閉じてみよう!電車の中で 2の声で話せてるね!お口も閉じてたね◎ 電車ではこうやって乗ればいいんだ!ほめられて嬉しいからまた守ろう!

ペアレントトレーニングの特長

  • ワークや座談など 多様な学びのワークスタイル

    講義だけでなく、ワークや座談を通して、保護者さまご自身やお子さまのことを振り返ったり、他のご家庭の実践例を聞いたりすることで、取り入れやすい方法を見つけます。

  • 応用行動分析学をべースとした専門的な実践方法

    行動には必ず理由があり、行動したことによる結果があります。行動する前(理由)と後(結果)に、効果的な工夫をすることで、お子さまの行動によりよい変化をもたらします。

  • 実践と復習の繰り返しで成功につなげる

    学んだ内容をご家庭で実践し、プログラムで振り返るというサイクルをつくります。うまくいった理由や原因を一緒に考え、成功につながるようフォローします。

プログラム紹介を見る

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

ペアレントトレーニングのお問い合わせ

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ