通信制高校とは?学費や内容、進路について解説します

「不登校で学校にいけていない」「子どもの将来を考えた時に何がベストなんだろう」など、子どもの進路についてどうすればいいのか悩まれる方は多いのではないかと思います。

 

子どもの進路は、状況にあわせて、様々な選択肢を検討する必要があります。その選択肢のひとつとして通信制高校があります。

 

しかし、「通信制高校で大丈夫なのだろうか?」「学費はどれくらい?」とわからないことも多いと思います。

 

この記事では、通信制高校について情報をまとめています。子どもの進路選択の参考にしてみてください。

通信制高校とは?

通信制高校とは?

通信制高校とは、通信手段を通じておこなう高等学校教育です。

 

通信制高校は、教育の機会を提供するひとつとして戦後に制度化されました。全日制高校や定時制高校と違って、通信手段を主体として、自宅でも学習を進められることが特徴です。

 

現在では、対人関係に問題を抱えて不登校になったり、障害や病気によって通学することが困難など、様々な理由で通信制高校に通っている子どもがいます。

全日制・定時制との違いとは?

高等学校には、通信制以外に全日制と定時制があります。ここでは、それぞれの違いについて解説します。

 

全日制高校

日中に登校し、教育を受ける高校です。

 

小中学校と同じ通い方なので、イメージしやすい人も多いかと思います。

全日制は小中学校とほぼ同じ授業体制になりますので、変化が少ないという意味では小中学校に問題なく通えていた子どもにとっては、いい選択肢のひとつと言えます。

 

定時制高校

定時制高校は、全日制のように全員が同じ時間に通うのではなく、複数の時間帯の設定があることが特徴です。

 

夕方や夜間の通学が可能であったり、全日制よりも1日の授業時間も短いので、働きながらでも通いやすい高校です。

 

通信制高校

通信手段を用いて、授業を受けることを基本とした高校です。

 

そのため、自分のペースで勉強したい人やコミュニケーションが苦手と感じている人にとっては、通いやすい高校となっています。しかし、全く通わなくてもいいというわけではなく、スクーリングと呼ばれる登校日には学校に行く必要があります。

 

スクーリングの頻度は通信制高校によって違いますので、検討している通信制高校があれば、事前に確認しておくといいでしょう。

 

ここでは全日制・定時制・通信制高校のそれぞれの違いを見てきました。それぞれ違いはありますが、共通することとして、高校卒業資格を得られることがあげられます。

 

学校教育法では「高等学校の修業年限は、全日制の課程については、三年とし、定時制の課程及び通信制の課程については、三年以上とする」と記載されています。

 

定時制、通信制高校においては、卒業まで3年以上必要である学校もありますが、条文からも同様の高校卒業資格が得られることがわかります。

通信制高校の内容

通信制高校のほとんどは、全日制高校の学年制ではなく、単位制を採用しています。そのため、自分のペースで授業を受けて単位を取得することが可能です。

 

単位の取得は、レポート・スクーリング・テストを通じておこないます。

 

レポートの提出

通学するのと違って通信制高校では、きちんと授業を受けているのか確認することが困難なので、レポートを提出することが必要になってきます。

 

レポートの提出方法は学校によって様々です。郵送や通学した際に提出するなど紙ベースの方法もありますが、最近は通信制高校の専用Webサイトで提出するスタイルも増えてきています。

 

レポートを提出するにあたっては、教科書や動画などで配信される授業で学習をしていくことが求められますので、まずはしっかり勉強していくことが大切です。

 

スクーリング

また先述したようにスクーリングに参加する必要もあります。

 

スクーリングの頻度は通信制高校によって様々ですが、インターネットなどの多様なメディアを活用した場合にはスクーリングを一部免除出来ることとなっているため、インターネットなどを駆使している通信制高校の方がスクーリングの回数は少ない可能性があります。

 

レポート、スクーリングともに科目毎に最低限必要な回数が高等学校学習指導要領によって定められています。

 

テスト

レポートとスクーリングをクリアすると最後にテストがあります。

 

全日制高校のように学期毎に中間テスト、期末テストはありませんが、学習した内容が身についているかどうか、年に1〜2回のテストがあります。

 

スクーリングと同様に学校におこなってテストを受けるのが基本です。

 

しかし、文部科学省が出している「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」では、以下のように記載があります。

 

コンピュータやタブレ ット端末等を用いてオンラインでの試験等を実施する場合であっても、確実な本人確認や不正行為防止の仕組みを構築するなど、実施校の適切な監督下で実施すること

 

引用:文部科学省「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」

 

つまり今後、自宅でテストを受けられるようになっていく可能性もあると考えられます。

通信制高校の学費

通信制高校の学費

進路選択するうえで学費は非常に気になるポイントだと思います。ここでは、学費の補助制度についても解説します。

通信制高校の学費の目安

通信制高校にも公立と私立が存在します。全日制高校と同様に、私立よりも公立の方が学費は安いのが一般的です。

 

文部科学省の調査だと、全日制高校では、公立で年間45万7380円、私立だと96万9911円かかるとされています。通信制高校では、効率で年間4~6万円、私立だと25万円程度とされており、通信制高校のほうが割安であることがわかります。

 

学費は私立の方が高いですが、スクーリングの頻度やサポート体制の違いを理由に私立を選ばれる方が多いようです。とはいえ、学校によって内容も様々なので、子どもに合った学校を選ぶことが大事です。

学費の補助制度

ここでは、学費を抑えるための3つの制度についてご紹介します。

 

1.就学支援金

就学支援金は所得に応じて学費に当てるお金が支給される制度で、4月に学校へ入学すると学校からお知らせがあります。

 

2.奨学金

通信制高校でも奨学金を利用することが出来ます。

 

無利子のものや卒業することで返済が免除されるものもあります。

 

3.特待生

スポーツや学業で優秀な成績を残した実績があれば、特待生として受け入れてもらえる可能性があります。

 

特待生であれば、学費の一部が免除されるなどの優遇があります。

 

通信制高校によって違いがありますので、学校に問い合わせてみてください。

通信制高校の進路について

通信制高校の進路について

「通信制高校だと将来が心配」と感じる保護者さまもいらっしゃるのではないかと思います。

 

結論としては全日制高校も通信制高校も大きな違いはありません。全日制・定時制と同じように大学進学や就職をしている人もいます。

 

ここでは、通信制高校卒業後の進路についてご紹介します。

大学進学・就職は出来るの?

大学進学率は、全日制高校55%に比べて、通信制高校は18%となっており、全日制高校に比べると少ないように感じますが、それでも10人に1人以上は大学に進学していると考えると少ない人数ではありません。

 

就職した割合は全日制17.2%に比べて、通信制高校は19.6%となっており、通信制高校が若干多い結果となっています。

 

全日制高校と比べて割合には差がありますが、結局は本人がどういった進路を選択するかが大切です。

 

どういった進路を選択するにしても、通信制高校だから不利だという状況はほとんどなく、全日制高校の生徒と同じように大学進学している方は多くいます。

通信制高校の転入・編入について

通信制高校の転入・編入について

「今の学校の勉強についていけない」「不登校になってしまって…」など様々な事情で今通っている高校に不安を覚えることがあると思います。

 

そのようなときの選択肢として通信制高校への転入・編入を検討される方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは、通信制高校への転入・編入について抑えておくべきポイントをお伝えします。

転入と編入の違いについて

転入

転入学は、転校とも言われます。学校を辞めずに他の学校に変わることを言います。

 

自分の在籍している学校に転校生がやってきたということは誰しもが経験のあることだと思うので、イメージはしやすいかもしれません。

 

多くの場合は親の転勤などで引っ越してきて学校が変わる場合だと思いますが、引っ越さなければ転入できないわけではありません。

 

全日制高校から通信制高校への転入も可能です。単位や出席日数なども引き継がれるので、転入したとしても同じ時期に卒業することも可能です。

 

編入

編入学は、すでに高校を中退してしまった人が再び高校に入学することを言います。

 

編入の場合も以前に通っていた高校の単位を引き継ぐことは可能ですが、1年生時に中退した場合など、単位として認められる前に中退した場合には、最初から単位を取得していく必要があります。

 

以前に在籍していた高校の在籍証明書などの提出を求められることもありますので、前の高校に連絡を取る必要がでてくる場合もあります。

通信制高校への転入・編入の時期

転入に関しては、ほとんどの通信制高校で、随時募集しています。

 

学校や選択するコースによっては転入出来る時期を限定している場合もありますので、行きたい通信制高校があれば確認してみてください。

 

逆に編入に関しては、随時受け入れしている学校は多くありません。4月・10月に受け入れをしていることが一般的で、募集時期は1〜3月・7〜9月となります。

 

そのため、時期によっては編入を待たなければいけないこともありますので、編入時期に関してはよく検討する必要があります。

通信制高校への転入・編入の流れ

通信制高校への転入・編入は以下の流れでおこなわれます。

  1. 資料請求・学校説明会などで学校を決める
  2. 出願する
  3. 入試を受ける
  4. 入学手続き

1.資料請求・学校説明会などで学校を決める

まずは、転入・編入する通信制高校を決めるために資料請求をしたり、学校説明会やオープンキャンパスに行ってみましょう。

 

学校説明会やオープンキャンパスでは、個別相談をしている場合もあります。説明を聞いたけどわからない部分や相談したいことがあれば、活用しましょう。

 

2.出願する

行きたい通信制高校が決まったら出願書類を作成していきます。

 

出願書類には、入学願書以外にも複数の書類を準備する必要があり、また書類の発行に時間のかかるものもありますので、時間に余裕を持って準備していきましょう。

 

どういった書類が必要かは通信制高校によっても変わってきますので、必ず確認をしてください。

 

また最近はWeb上で願書、その他書類を提出する通信制高校もあります。

 

パンフレットやホームページを確認すれば願書提出方法や必要書類など記載されていますので、確認しながら準備を進めましょう。

 

3.入試を受ける

通信制高校では、書類審査や面接試験だけで終わる学校が多く、学力を測るような試験は基本的にありません。

 

通信制高校では、様々な事情があり通信制高校を選択されている方が大半なので、学力による選別をするのではなく、個性を大事にしてくれる通信制高校が多いです。

 

一部コースでは学力を測る試験をおこなう場合もありますので、願書を出す前によく確認しましょう。

 

4.入学手続き

無事合格したら入学手続きに入ります。

 

合格した通信制高校から案内がありますので、指示に従って手続きを進めてください。

入学金の支払いも必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

通信制高校についてまとめ

通信制高校についてまとめ

今回は、通信制高校について解説しました。

 

通信制高校に行くことでデメリットを感じることよりも、人によってはメリットの方が大きく感じられると思います。

 

高校には、全日制、定時制、通信制と選択肢がありますし、それ以外の選択肢もあります。大切なことは子どもに合った環境を選ぶことです。

 

高校は、将来に結びつく大事な選択になってくるため、どういった環境がいいのか、子どもと一緒に考えてみてください。