Close

Close
サービス

アセスメントパック

お子さまの理解を深め、新たな手立てにつなげる

アセスメントパックはお子さまの特徴、スキルをさまざまな⻆度から知ることができるサービスです。
感覚の特徴を知ることで、お子さまへの接し方が分かったり、環境調整の仕方を知ることで、お子さまがスムーズに生活するためのサポートがしやすくなります。

また、お子さまの行動上で起きている問題から、解決の優先順位がわかり、必要なことからアプローチできます。

お子さま一人ひとりの特徴やスキルを、さまざまな⻆度から理解し、お子さまの「過ごしやすさ」「学びやすさ」を一緒に見つけませんか?

アセスメントパックでわかること

※下記は2019年10月以降の実施内容となります。

スキルの獲得状況

年齢に限定せず、乳児から中高生までのステージで、お子さまの今のスキルの獲得状況を確認します。

  • ・身辺自立
  • ・生活の自立
  • ・数理的処理
  • ・問題解決思考
  • ・発信/表現
  • ・自己主張
  • ・受信/読取
  • ・他者理解
  • ・セルフコントロール
  • ・集団参加

(合計10項目)

例えば・・・

コミュニケーションが苦手
相手からの話を読み取る(受信)スキルはあるけれど、自分の気持ちや考えを人に伝える(発信)スキルが弱いようです
集団活動に参加するのが苦手
集団活動に参加するスキル獲得のステップとして、まず基礎となるセルフコントロールのスキルを身につけましょう
感覚の特徴

感覚の特徴(刺激の受け取り方)を知って、指導上の工夫を見つけます。

  • ・触覚の過敏性
  • ・味覚/臭覚の過敏性
  • ・自分の身体の動きに対する過敏性
  • ・刺激に対する感じ方の弱さ
  • ・音を選びながら聞き取る能力
  • ・身体をコントロールする能力
  • ・視覚/聴覚の過敏性

(合計7項目)

例えば・・・

人が多く集まる場所で、いつもかんしゃくを起こしてしまう
耳からの情報を取捨選択するのが苦手なので、にぎわった場ではストレスがたまりやすいかもしれません
いつもと同じ行動を取ったり、同じ道を通ったりしないと、泣いてしまう
自分の体の動きの変化に敏感で、小さな変化に対しても過剰に感じてしまい、気持ちが不安になっているのではないでしょうか
行動の特徴

行動上の問題を観察・分析し、お子さんにとって優先度の高い支援を検討していきます。

  • ・攻撃的な行動
  • ・多動な行動
  • ・不安や抑うつ的な行動
  • ・友だち関係を構築する行動
  • ・社会性のある行動

(合計5項目)

環境調整の仕方

お子さまを取り巻く環境を分析し、お子さまが過ごしやすく力を発揮しやすい環境の整え方を検討していきます。

  • ・ご家庭でのサポート方法
  • ・ご家族がサポートしやすくなるための工夫
  • ・園・学校での過ごしやすさの工夫
  • ・園・学校との連携方法
  • ・地域資源の活用方法

実施の流れ

※実施の順番が変更になることがございます。

※下記内容は2019年10月以降の実施となります。9月までは「保護者さまへ環境についてヒアリング」はございません。受講ご希望の方は教室までご相談ください。

事前アンケートの
ご提出
まずは、3つのアンケートに、ご回答いただきます。
①現状のお子さまのスキル段階のアンケート
②感覚の特徴をつかむアンケート ③お子さまの行動に関するアンケート
1回目お子さまへの
アセスメント授業
遊びや机上課題などを通して、あらかじめヒアリングしたニーズ(身に付けたいスキルにまつわる項目)を、順番に行動観察して、スキルの獲得状況を確認していきます。また、感覚の特徴や行動面の特徴も観察します。
2回目保護者さまへ
環境面のヒアリング
お子さまを取り巻く環境を保護者さまに伺って、現状の整理、分析をおこない、お子さまが過ごしやすく力を発揮しやすい環境の整え方を検討していきます。
3回目保護者さまへの
報告書のお渡しと面談
事前アンケートと授業実施での行動観察を通して、分析したお子さまの特徴や、サポートの優先度を報告書でお渡しします。また、お子さまが今身に付けたいスキルの優先順位もお伝えします。

受講された皆さまの声

ひと足早くプログラムを受講された方からの声をご紹介します。

集中できる方法を知り、家でも宿題に集中できる時間が増えました。

椅子に座っていると、いつも椅子をガタガタしたり、身体を動かしたり、授業中もまったく集中できずに困っていました。刺激の受け取り方が弱いという感覚の特徴があり、それを補うために自分から刺激を求めているのだと知りました。授業に集中して取り組める具体的な方法を教えていただけたので、家でも取り入れ、宿題に集中できる時間が増えました。

子どもの特性を理解できたので、
適切な接し方ができるようになりました。

新しい場所に行くと、親から離れません。いつもの活動の流れと違うことをしようとすると嫌がり、柔軟に生活できず困っていました。身体の動きへの過敏さが強く、自分の身体の動きを予想しにくい環境にストレスを感じやすいため、変化を嫌がる傾向があることを知りました。今は無理強いをしないで、余裕のある時に活動に慣らすようにしています。

LITALICOジュニアの授業を
体験してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいた方には、
デジタルパンフレットをお送りします。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ