Close

Close
LITALICOジュニアとは

「知的障害の程度や特徴」

知的障害とは、18歳までの発達期に生じた知的機能障害により、認知能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっている状態を指します。その程度は様々で、一人ひとりの特徴も異なります。また知的障害は「知的機能(IQ)」だけではなく、「適応機能」と合わせて総合的に判断されます。

ここでは知的障害の程度や検査方法などについてご紹介します。

知的障害の程度

知的障害の程度

知的障害は、症状の程度により「軽度」「中度」「重度」「最重度」の4段階に分類されます。厚生労働省の基準では、IQの値と適応能力の基準である「日常生活力水準」の両方を考慮し、以下のように分類されています。日常生活能力水準のa~dはaに近いほど自立した生活を営むことへの困難度が高く、dに近いほど自立した生活が容易であることを示しています。

気になることがあれば専門機関に相談を

医療機関では問診と簡単なテストをおこないます。知的障害の診断には、アメリカ精神医学会が発行した診断基準「DSM-5」(「精神疾患の診断と統計のマニュアル」第5版)や、世界保健機関(WHO)の「ICD-10」(「国際疾病分類」第10版)といった基準が使われており、検査結果から総合的に判断します。
ほかにも使われる診断方法があります。知的障害の診断は、知能検査と適応能力検査の2つによって総合的に診断が下されます。
知能検査では、
「田中ビネー知能検査 V(ファイブ)」、「新版K式発達検査」、「ウェクスラー式知能検査」が検査で使われることが多いです。年齢によって受ける検査が異なるものもあります。

適応能力検査では、
・vineland-II(全年齢)
・ASA旭出式社会適応スキル(幼児〜高)
・S-M社会生活能力検査(乳幼児〜中学生)
などがあります。

これらの検査を年齢や状況に応じて使い分け、総合的に知的障害の診断が下されます。

子どもに合わせたサポートの仕方を考える

全ての症状や特徴が現れるわけではありませんし、他の症状や特徴が出るお子さまもいらっしゃいます。
LITALICOジュニアでは、お子さまの興味関心に合わせながら、発達状況に合わせた支援、実生活につなげていくための練習もおこなっています。
性格や環境によっても症状や特徴は異なりますので、知的障害かも?と思われたら、まずは専門機関への相談をおすすめします。

【参考資料】

*書籍
『DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル』日本精神神経学会/監修、医学書院/刊

監修者:LITALICO研究所 所長 博士(障害科学) 野口晃菜

お子さまの発達にお悩みの方に

LITALICOジュニアはお子さま一人ひとりの得意や苦手を見つけ、それぞれの特性に応じた指導をおこなう教室です。発達障害児支援の専門家が監修する教育プログラムや1万点以上のオリジナル教材でお子さまに最適な指導を提供しています。お子さまの発達や学習について、まずはお気軽にご相談ください。

LITALICOジュニアとは

お子さまの成長の様子

成長の様子をもっと見る

発達障害の最新ニュースコラム

LITALICOジュニアの授業を
体験してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいた方には、
デジタルパンフレットをお送りします。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ