Close

Close

幼児(0~6歳)のお子さま

同年代の友だちとトラブルが多い

友だちとのトラブルが多くて困っています。

5歳になる息子が、友だちのおもちゃを勝手に取ってしまったり、
友だちを叩いてしまったり、トラブルが多く困っています。

アドバイス

トラブルの原因を解明して、その原因やお子さまに合った手だてを考えてます。

原因・分析

お子さま同士の頻繁なトラブルは、言葉の遅れや社会性・コミュニケーションの遅れが原因と考えられます。
発達がゆっくりなお子さまですと、他人の気持ちを理解したり、ルールを理解するのが難しくトラブルを起こしてしまうことも多いと言われています。トラブルが起きたとき、お子さまを頭ごなしに怒るのではなく、まずは原因をしっかりと解明してあげることが大切です。

LITALICOジュニアの指導例
意思の伝え方を理解する

友だちと遊びたいのにどうしていいか分からず叩いてしまうお子さまの場合、まずは「ねえ」という関わりのはじまりの言葉を真似して言ってもらいます。叩くという直接的な行動ではなく、「ねえ」という呼びかけによって、友だちに「遊びたい・関わりたい」の意思を伝えられるよう指導していきます。

力加減のコントロールを練習

筋肉の曲げ伸ばしの感覚がコントロールできていないお子さまの場合、友だちに軽く触れる・チョンチョンとつつくといったことができず、強く叩いてしまっているのかもしれません。
このような場合は、お子さまの手を取り「肩をトントン」というように一緒に力加減をコントロールする練習をしていきます。

お子さまの成長事例

友だちと意思疎通ができずトラブルが多かったお子さま。LITALICOジュニアに通う中で、場面に応じて「かして」「入れて」「やめて」などを伝えることができるようになってきました。 また、はじめのうちは独り占めしていたおもちゃも徐々に友だちに譲れるようにもなり、友だちとの輪がだんだん広がってきています。

LITALICOジュニアの授業を体験してみませんか?

教室の雰囲気や授業の進め方などを実際に体験できる体験授業をおこなっています。
事前にお子さまの様子をお聞きした上で、お子さまに合わせた授業を体験していただけます。

体験授業の流れ

無料でパンフレットをお送りします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

個別相談・見学・体験授業の
申し込みはこちらから

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

0120-97-4763受付時間:10:00〜17:00 月〜金(祝祭日除く)

資料請求&体験授業
のお申込み(無料)

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ